リーンスタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

なんか適当に本を読みたいなと思いこれを購入。

起業系の本を読みたいなぁと漠然と思っていましたが「起業して成功しました!」とか武勇伝的なものでなく、方法論的な感じのものを探していました。

そしてこの本にたどり着きました。

リーンスタートアップの本です。

リーンスタートアップでなあに?

最低限のコストで商品、サービスを開発する方法です。

仮説の検証と分析を繰り返し、作り手側の思い込みではなくユーザーのニーズに合わせた商品を作っていきます。

その際にはMVPという最低限のコアだけの商品をユーザーに使ってもらいフィードバックをもらいます。

そこで重要視されるのはどれくらいの人が使ってくれたか、どれくらいの人が好印象を持ったかではなく、仮説の証明と新たな仮説の構築です。

MVPは実用最小限の製品-minimum viable product。

本の感想は

作者自身の経験に基づいたリーンスタートアップのお話は興味深かったです。

よく失敗に陥るパターンなどがちりばめられていて結構かための本ですが読むスピードが落ちませんでした。

実際の生活に応用のできることが多くためになる本です。

リーンスタートアップ amazon