「ハクソーリッジ」を観た感想

久しぶりにこれはすごいな・・・と思った映画がこの「ハクソーリッジ」。

戦争映画だが主人公の性格や家族、恋人との描写がちゃんと描かれているのでとても感情移入しやすい。

それでは「ハクソーリッジ」の感想を交えつつ気になるポイントを紹介。

歩兵戦の描写がすごい

本当にすごい。

いつやるかやられるか、という描写が本当によくできてる。

出来が良すぎて心臓に悪いかもしれない。

実際の歴史ではどうだったのか知らないがまさに激戦を描けている。

主人公の設定が秀逸

主人公は宗教上の理由で人を殺さないという信念を持った人物。

戦争では役に立たないかに思えるがこの信念の強さが仲間に認められていく様は見ていて爽快感がある。

ここが主人公と熾烈な戦争を結びつけるこの設定が「ハクソーリッジ」が評価される一つのポイントになっていると思う。

この映画に向いてる人

戦争映画好き。

1人でも友達とでも行ってもいいと思う。

しかし、カップルで行くのはちょっとやめた方がいいかも。

ネタバレなので言えないが一部グロテスク表現や悲壮的な表現があるのがその理由だ。